坐骨神経痛 予防

坐骨神経痛の予防のために

身体の中でも腰はもっとも弱い場所と言われ、普通の生活を送っているだけでも負担がかかっています。

 

仕事や運動などで腰を多く使うという人は、負担はもちろん溜まった疲労にも目を向ける必要があるでしょう。

 

更年期や妊娠・出産時に起こるホルモンバランスの乱れ、年齢を重ねるにつれて生じる身体機能の低下も、腰に悪い影響を与えて坐骨神経痛を引き起こすとされています。

 

坐骨神経痛はもちろん、慢性的な腰痛やぎっくり腰などを予防する上で、大切なことがあります。

 

その1つが腰にかかる負担を軽減できるような、骨や筋肉をキープすることです。さらに、全身の筋肉を均等に使うことも重要と言えます。

 

私たちはたくさんの家電製品に囲まれ、交通の便にも恵まれています。そのため、昔の人と比較して、身体を動かす機会は大きく減っていると言えます。

 

筋肉によっては、使用頻度が極端に低いものもあり、それぞれの部位にかかる負担もスムーズに分散できなくなっています。

 

坐骨神経痛やぎっくり腰になる人が多くなっているのも、こういったことが背景にあるのでしょう。

 

大切なのは、自分がどこの筋肉を使って、どの筋肉を使用していないかを把握することです。子供の頃の動作や学生時代に取り組んでいた運動などを思い出して、今の生活と比較するとイメージしやすいでしょう。

 

不足している動きがはっきりしたら、はじめに家事での動きを工夫してできるだけその部位を動かすといいでしょう。

 

たとえば、床や窓の拭き掃除は、全身の筋肉をまんべんなく使うのでいい運動になります。それでも運動量が足りないと思ったら、ストレッチやウォーキング、ラジオ体操など手軽にできる運動を取り入れるといいでしょう。

 

>>中川式腰痛治療法
・約200ページもあるボリューム満載のテキストと動画で覚える60分のDVDセット。
・腰痛に関して詳しくない方でも図解が多いテキストなのでわかりやすい!